Ambitious
左利きと色覚障害者のためのボドゲレビュー
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/11/24(日)   CATEGORY: カ行
カナロア

プレイ人数: 2~4人
プレイ時間: 60分
対象年齢: 10歳以上

カードが存在するものの、大きさが小さいので、利き腕に関係なく遊べます。
駒色は青、黄、緑、赤の4種。色覚障害者は色の判別が困難なことがあります。
カフナと同じ作者が作ったゲーム。
ただしこちらは最大4人までできます。
ゲーム内容は島の陣取りです。島への橋を一番持っている人が島の所有権を得ます。
手番中に島が描かれたカードをプレイし、その島への橋を架けることができます。カードは自分の手番に何枚でもプレイすることができます。ある島へ架かる橋が総数の過半数を満たしたとき、その島は過半数を満たしたプレイヤーの所有物となり、他の色の橋を取り除くことができます。一旦島を所有しても、他の島の所有権の発動により、橋が取り除かれ、所有権がなくなることがあり、なかなか熱い展開になります。

また、同じカードを2枚同時にプレイすれば、すでに架かっている橋を1箇所取り除くことができます。

勝利点は島の所有権を持っているプレイヤーが島ごとに1点、ボーナスとして自色以外の色(架かっていない部分も含む)につき、1点となります。ギリギリで島の所有権を持っている状態が勝利点を一番多くもらえますが、この状態は前述の通り、所有権を奪われやすいので、ジレンマが発生します。勝利点の清算はゲーム中2回発生します。

3人でプレイしましたが、島を奪ったり奪われたり状態が繰り返され、なかなか起伏の激しい展開となりました。面白かったので機会があればまた遊びたいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © Ambitious. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。