Ambitious
左利きと色覚障害者のためのボドゲレビュー
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/11/25(月)   CATEGORY: ボードゲーム会
11/23(土)第17回浜logに参加
浜logには深い想いがある。

会社でボドゲに誘われたのが2013年9月半ば。遊んでいるうちにどっぷりハマり、ボドゲができる機会を増やしたく、いわゆるオープン会を探し始めたのが10月中旬くらい。自宅にも比較的近いということもあり、初のオープン会は第16回浜logだった。一人で参戦したにもかかわらず、最後の打ち上げにまで参加し、常連の皆さんと懇意にさせていただいた。その後いくつかのオープン会に参加し、自分の特性を生かした本ブログの開設に至っている。

主催のヒリュウさんを始め、浜logの常連さんにはとてもよくしてもらっている。よくしてもらったおかげでますますボドゲの深みにハマり抜け出せなくなっているが気にしない。
さて、そんな浜logの第17回に参加した。
遊んだゲームは以下の通り。

カナロア(レビューはこちら)
fc2_2013-11-25_00-30-32-224.jpg
3人でプレイ。初プレイ。ちなみにレビュー中のカフナもプレイしたことはない。1位だった。架けられる橋の過半数で島を占領できるが依存関係にある隣の島の占領の影響で橋がなくなり、占領が解けることがある。この攻防が熱い。

ダンジョンオブマンダム(レビューはこちら)
fc2_2013-11-25_00-36-08-008.jpg
ゲームマーケットで何の予備知識もなく、並んでいる人が大勢いるという理由だけで購入したもの。複数のオープン会で自分のいない卓でも使われることが多く回転率が良い。
4人でプレイ。そして一番に負け抜け。ちょっと楽観的過ぎた。

セイルトゥインディア(レビューはこちら)
fc2_2013-11-25_00-32-21-457.jpg
4人でプレイ。初プレイ。3位か4位。しかしゲーム終了後の感想戦によると実は2人目のワーカ枯渇による早期終了をしていれば1位だった可能性もある。複数の勝ち方があり、コンポーネントの少なさに反して奥が深い。またやってみたいと思う。

スパイリウム(レビューはこちら)
fc2_2013-11-25_00-32-21-457.jpg
4人でプレイ。4位。ワーカをもう少し増やすべきだった。技術カードは申し分なかったが生かせなかった。カードの効果が多岐に渡り、インストに時間がかかってしまう。現時点でそれほどいい印象ではないが、正確な評価にはもう一度プレイする必要がある。その機会と時間があるかは分からない。

コロレット(近日レビュー記載予定)
4人でプレイ。2位だった気がする。他の人は馴染み深い感じだったが、実はプレイしたのは2回目。いっしょにプレイしたマッツさん曰く、「小学生でもできる」とのことなので万人受けする良ゲー。先日新宿のイエサブに寄ったときに購入したので、年末年始に姪といっしょに遊びたい。

とここで終了。本日は休日だったので会場の都合上、17:00で閉館とのこと。
しかし、レンさんに誘われ、レンさん宅の自宅会へ。
(自宅会の前に打ち上げに参加し夕飯だけ食べたけど)

自宅会参戦者は、レンさん、まーさん、マッツさん、俺の4人。
遊んだゲームは以下の通り。

パラッツォ(レビューはこちら)
fc2_2013-11-25_01-25-06-068.jpg
4人でプレイ。初プレイ。3位。スパイリウムが俺にとって難解だったせいか、ルールはすんなり理解できた。価格の吊り上げだけの目的(競り落とすつもりはなく、本命狙いの人のお金を消費させるためだけに競りに参加する)でけん制したが一部の人だけに集中して効果が出てしまった模様。まごまごしているうちに5階建てを建てたプレイヤーが複数。同スートの5階建て2棟を狙うが完成せず。現実と違って、お金は持っていてもダメだね。全ゲーム共通だが勝利点に結びつく行動につなげなければ宝の持ち腐れ。

ジェムクロックス(近日レビュー記載予定)
4人でプレイ。初プレイ4位。宝石の区別が辛さ。だがこの辛さは色覚障害だけの影響ではない気がする。ガーネットとルビーの区別は健常者でもつらいとのこと。そして猛省。ルールを勘違いしていた。完璧に把握していれば最後にもう少し拮抗する結果となっていたかもしれない。初回プレイは貴重だ。世の中にはたくさんのゲームで溢れているので、ゲームによっては2回目はないものもある。自分がルールを間違えたり、手を抜く行為は自分だけでなく、いっしょに遊ぶプレイヤーのゲームの印象にも影響する。そのせいで貴重な2回目を奪ってしまうことになるかもしれない。

どうすれば勝てるのか、勝つためには何が必要なのか、インスト時にもう少し拘って分からなければ質問するくらいの気概で臨もうと再認識した。

来月も浜logに参加させていただこうと思います。

楽しかった!!
またよろしくお願いします!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © Ambitious. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。