Ambitious
左利きと色覚障害者のためのボドゲレビュー
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/11/26(火)   CATEGORY: サ行
ジェムクロックス

プレイ人数: 3~5人
プレイ時間: 60分(全員初回プレイ、説明書解読を含むインスト込みで2時間弱)
対象年齢: 10歳以上

カードは手札となりますが、ついたての内側に置くことになりますので、利き腕に関係なく遊べます。
宝石を示すチップが12種あり、色覚障害者は判別が困難な場合があります。宝石チップは模様で区別がつくようになっておりますが、小さいので注意深く見る必要があります。

なお、この宝石チップは健常者でも見分けづらいものがあるとのこと。赤色のガーネットとルビーのようです。
テーマは、架空の国の宝石商人となって隣国への献上品を作り高評価を得ることです。

ゲーム開始時にルールに従い鉱山タイルを並べます。鉱山タイルには12種の採掘できる宝石の内1つ、3種の競りの1つが描かれています。バガーと呼ばれる採掘機駒をスタートタイルに置き、プレイヤーは各々コインを13枚持ってゲーム開始です。

バガーはルールに従い、毎ターン宝石を採掘します(宝石チップを鉱山タイルの上に置きます)。プレイヤーはバガーが置かれた鉱山タイルに描かれた競りを行い、1位のプレイヤーが、ルールに従い、発掘された宝石の2タイル分、2位と3位が1タイル分の宝石を得ます。このとき1位のプレイヤーはスタートプレイヤー駒を得ます。競りが終わると1ターン終了です。バガーはルールに従い、1タイル分移動します。

競りの種類は「握り込み」「1周競り」「競り上げ」の3種です。「握り込み」は競り額の一斉公開、「1周競り」はスタートプレイヤーから順に1回ずつ競り額の公表、「競り上げ」はスタートプレイヤーから順に競り額を上げながら公表してゆき、全員が競りを脱落するまで行います。最も額の高いプレイヤーが1位、順位が同じ場合はスタートプレイヤーから順に計回りに近いプレイヤーを優先します。

競りに使ったコインは競りが終わるごとに補充するか否かを選択することができますが、補充する度にコイン2枚を場に返さなければなりません。場に返したコインはゲーム中、二度と戻りませんが代わりに細工師カードを2枚入手することができます。

細工師カードは2種及び、3種の宝石が描かれており、宝石チップを置くことで隣国への献上品を作ることができます。献上品は隣国への影響力となります。細工師カードに描かれた宝石を全て置かずとも構いませんが、全て置くと影響力にボーナスを得ることができます。

バガーの採掘が終わり、最期の競りが終われば、いよいよ隣国へ細工を献上します。隣国は4つあり、それぞれ嗜好する細工が異なります。どの細工をどの国へ献上するかを決め、ついたてを外し公開します。隣国ごとに影響力を比較し、上位3人がルールに従い名誉点を得ます。4つの隣国から得た名誉点を合計し、最も高いプレイヤーが勝者となります。

適切な宝石入手とコイン補充(細工師カード入手)のタイミング、競り金額の見極め、適切な献上先の選択など考える要素が多く、高度なゲームです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © Ambitious. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。