Ambitious
左利きと色覚障害者のためのボドゲレビュー
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/12/25(水)   CATEGORY: カ行
コンコルディア

プレイ人数: 2~5人
プレイ時間: 120分(4人戦インスト込みで3時間弱)
対象年齢: 12歳以上

カードは手札となりますが、カードに書かれたテキストを読む必要があるので扇状に持つ必要がなく、利き腕に関係なく遊べます。駒色は黒、青、黄、赤、緑。赤と緑が存在するので、色覚障害者は判別が困難な場合があります。

ヨーロッパから北アフリカが舞台で、プレイヤーは交易者となり、各地へ入植者を展開、家を建て、物品や金貨をやり取りし、地域への影響力を競うゲームです。
ボード上には様々な都市があり、それぞれレンガ、食糧、鉄、ワイン、織物のいずれかを算出します。個人ボード上には入植者、入植船を含め、12個までのリソースを保存することができ、最初に入植者、入植船、食糧を2つ、その他のリソースを1つずつ受け取ります。

さらにメインボード上のローマの位置に入植者と入植船を1つずつ配置します。そしてルール上定められた金貨とカードを各プレイヤーが等しく受け取り、スタートします。このカードは手番にアクションを行うアクションカードであると同時に、最終的に得点計算にも反映するカードです。

プレイヤー手番には入植者、入植船の移動、とカードをプレイすることができます。入植者、入植船が止まったマスでは定められたリソースを払い家を建造することができます。家を建造すれば、冒頭のリソースを獲得出来るチャンスが増えますが、家を建造する為には「建造」を示すカードをプレイする必要があります。その他リソースを獲得したり、売買したり、入植者、入植船を増やしたりするためには専用のカードをプレイしなければいけません。

カードをプレイすると、プレイヤーは使ったカードを各々の捨て札置き場に置きます。プレイしたカードを再度使うためには、捨て札回収を示すカードをプレイしなければなりません。また、カードは新しく購入することができます。新しいカードは常に7枚メインボード上に置かれます。購入には購入に必要なカードと適切なリソースを支払う必要があります。場に新しく出たカードほどコストが高く、古いカードほど安く購入することができます。前述の通り、カードは得点源であるとともに、アクションカードでもあるので、勝つためにはリソースや家の配置と相談し、適切に購入する必要があります。

上記の通り、入植者・入植船の移動と家の建造、リソースの獲得、カードの購入を繰り返し、領土を広げ、最終的に手持ちのカードを使い得点計算を行い、最も高得点のプレイヤーが勝者となります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © Ambitious. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。