Ambitious
左利きと色覚障害者のためのボドゲレビュー
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/12/31(火)   CATEGORY: タ行
テラミスティカ

プレイ人数: 2~5人
プレイ時間: 30~150分(30分×人数。4人戦インスト込みで180分程度)
対象年齢: 12歳以上

カードは存在しないので、利き腕に関係なく遊べます。駒色は赤、緑、茶を含め7色存在するので色覚障害者は状況の把握には困難を極めます。

テーマは種族の繁栄です。と言っても戦争はなく、他種族と交易をしながらの共存共栄を目指しつつ最も繁栄させた者が勝者となります。金、パワー等のリソース管理、ワーカープレイスメントによる拡大再生産と言ったドイツ・ユーロゲームの集大成とも言えるゲームです。
ボードはメインボードと個人ボード、4つの宗教の信仰心を管理する宗教ボードの3つのボードが存在します。プレイヤーは14種族の中から1つを選び、決められたリソースを受け取りゲームを開始します。

手番にできるのは以下8つ。
(1)開墾と建築
(2)船レベルの向上
(3)スコップレベルの向上
(4)改築
(5)入信
(6)パワーアクションの実行
(7)タイルや種族等の特殊アクションの実行
(8)パス

全6ラウンド行い、全プレイヤーがパスを実行するとラウンドが終了します。ラウンド終了時に発展した度合いで勝利点を得る機会があります。

序盤は(1)を行い、自種族に最適な土地に開墾し、建造物を建てていきます。開墾や開拓をスムーズに行うためにスコップレベルを向上したり、パワー及び特殊アクションを実行する必要も生じます。建物は改築を行い、またいくつか合わさることで街となります。建築、改築、街の設立で更なるリソース入手やボーナスを得ることができます。

改築で得ることができるミープル(司祭)は任意の宗教に入信させることができます。入信して信仰を深めることでもボーナスを得ることができます。

最終的に自種族エリア広げた度合い、進行度の強い度合いで得られる勝利点を加え、最も勝利点を稼いだプレイヤーが勝者となります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © Ambitious. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。