Ambitious
左利きと色覚障害者のためのボドゲレビュー
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/01/27(月)   CATEGORY: ボードゲーム会
1月1日(水) ロール&ロールステーション横浜店
前日(当日というべきか?)の全ファミの朝帰りから仮眠して昼からロロステ横浜店に。閉店セールの割引率が上がる最後の週の最初の日(ややこしい)に行く。実は初来店。そして最後となる。

中に入ると馴染みある顔がちらほら。開店より少し遅れて辿り着いたのでおいしいものはみんな売り払われていた。ま、でもこの日はボドゲをやりに来たのでよしとする。

というわけで並んでいる人を後目にボドゲ開始。

■ナゲッツ

初プレイ 4人戦(2VS2のタッグ戦) 勝利

正直最後までよく分からなかった。しかし、終盤で勘所というか着眼点を教えてもらい納得。得点には(おそらく)影響しなかったけど。勝ったのはほとんどよしさんのおかげ。で、着眼点とは7マスのエリアを作ること。するとその7マスはもう区切れない。限られた柵を有効に使う戦法。これはまたどこかでやってみたいな。

■時代劇3600秒

初プレイ 7人戦 順位不明

時代劇にハマっていた時期があり、どうしてもやってみたくて探したが、古い同人ゲームだから誰も持っていなくて悶々とした日々を過ごしていた中、小川さん宅から発掘されたという報を聞き、是非にとお持ちいただいた。

壮絶なまでに運ゲーw 戦闘でダイスは平均5個以上振ることになる。その結果、序盤からチンピラに真打ちがやられるわ、主役が全滅するわ、将門の亡霊が復活するわ、もうほんとにひどい(褒め言葉)。最後の視聴率判定も増えるか減るかはカードの引き次第。すべてが運。が、これがいい。まさに新春の運試しという感じ。人数が多かったせいか途中ダレてしまった感があるが、楽しかった。

■パレード

初プレイ 6人戦 2位

ロロステの貸出し品。その場でルール読みしたじゅんさんがインスト。微妙に複雑で悩ましい。カードはマイナス点になるので基本的に取ってはいけないが、同スートを一番獲得したプレイヤーのマイナス点はカードに書かれた点数ではなく、スート枚数になるというのがポイント。なので取らなければいなくなったときは思い切ってそのスートを集めた方が良いという戦略となる。

じゅんさんは最後までカードを取らなかったが、俺が最後にマジョリティを覆してマイナスがカード点数分となり順位が下がる(してやったり)。しかしそのおかげでよしさんに抜かれトップをかすめ取られる。ぐぬぬぬ。。。完全に想定外。ということで2位。分かっている者同士でやるとまったきっと面白いはず。機会があれば再プレイ希望だな。

■ホビットの冒険 カードゲーム
4人戦 ビルボ陣営 敗北

写真なし。どうも勘所が分からずもやっとした感覚で終わる。トリックテイキングに役職能力を付加したゲーム。何回かやってみないと評価できないな、ということで感想は保留。


総じて軽めのゲームで終わる。何より時代劇3600秒を遊べたことがよかった。ナゲッツもパレードもリプレイ欲をかきたてる良いゲーム。またどこかで遊びたい。


と、ボドゲでここは終わりだが、ヒリュウさんからサンダーストーン拡張「ソーンウッドの猛襲」をいただく。いただくと言っても購入権利を譲ってもらっただけだが。そしてレンさんの提案で100円で投げ売りされていたゲームリンクをすべて購入。サンダーストーンのプロモも入っているのでなかなか美味い買い物。


これで3000円弱。ヒリュウさん、レンさんありがとう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © Ambitious. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。