Ambitious
左利きと色覚障害者のためのボドゲレビュー
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/01/29(水)   CATEGORY: ボードゲーム会
1月12日(日) 第37回 調布のあなに参加
この日は調布のあなへ。参加人数も多く、重いのから軽いのまで幅広く楽しめるのでオープン会に参加して以来、毎月参加している。

到着早々、かんちょさんブログ「どうでもいい は なし」の年末イベント当選商品、『オーナーズチョイス』をいただく。ありがとうございます!!

今回はワーカープレイスメント系多めなので戦術に関する内容が多め。
■ロシア鉄道

初プレイ 294点 4/4位

敗因は分かってる。最も大きなものは工場を軽視したことだ。工場には1枚もタイルを配置しなかった。これじゃ点数も伸びない。次にワーカー確保のためだけに序盤にキエフを延ばしたこと。このゲームに置いてワーカー確保は最優先ではない。そして各ラウンド初手の配置。アルバイトを多用していたが、前述の通りワーカー(アルバイト)は重要ではない。より重要なのは人(技術者?)を雇うことと金。そして序盤の機関車タイルは罠。低い数は結局後で入れ替えることになるので、序盤は裏返して工場の発展に使うべき。

以上を踏まえて再プレイをしたい。


■炭坑讃歌

点数不明 4/4位

これも敗因は分かっている。輸送方法を手押し車に特化したこと。手押し車は一番リターンが少ない。その上比較的出荷難易度が低い仕事が多いので得点計算時、手押し車マジョリティ2番獲得目的で簡単にバッティングされ、さらに点数が延びなくなる。また、仕事カードの「各石炭1個ずつ運んで10点」はそれほどおいしくはないと思う。エレベータの昇降回数が多い割にはそれほどではないという印象。これの出荷手段が手押し車だったせいで以降の仕事を手押し車染めにしてしまった。

とはいえ、良い戦術が思いつかないのだが、序盤のセットアップで仕事を選ぶとき、4番手で、他プレイヤーと被らない出荷方法が手押し車だけだった場合、どうすればいいのか。別の出荷方法を選んでも、他プレイヤーと被るのでおいしくない。むしろおいしくないのを見越した上で、マジョリティ2位狙いにして色々なのを積み上げるべきなのか。4番手で1位を取った人がいれば具体的な戦術を教えてもらいたいところ。

炭坑讃歌2回遊んで3位と4位なので口惜しいので再プレイ希望。


■萌札


ヴロンさんの想いを組み、卓立て。7~8人くらいで大目の人数だったのでルールを買えて1ラウンド制で。最も評価が良かったのが写真の構成。いるいる。こういうキャラどこかにいる。やはりこのゲームは盛り上がる。決して万人受けではないのだが、いわゆる萌え要素が分かる人は大多数なので買って大正解と言える。


■おかしな遺言(+拡張『お払い箱』)

初プレイ 5/5位

初手の手札ではお金の減らし方が、高く土地を買って安く売るくらいしかできず、どうもそれに固執してしまったせいか、うまいように減らせず。また、シルクハットの数とアクション数のジレンマが分かったのが中盤以降。総じてカードの効果を覚えてナンボ的な部分があると思うので次回プレイまでにもう少し調べておきたい。


■セーラームーン マスカレイドバトル

初プレイ 勝利

見た目に反してルールはゲーマー向け。後で知ったことだが、説明書はこの複雑なルールを話し言葉(口語体)で書かれていると知り、衝撃を受ける。当時、適正年齢(女児を想定)でどれだけの子が理解出来たのか。甚だ疑問であるw

正体隠匿要素があるので、序盤に味方が分かればかなり楽。それを特殊カードの効果(トリック取得後、任意の人に渡す)で知らせることができれば戦略の幅が広がり有利となると思う。味方がゲーム慣れしているnakajiさんだったという要素が強いが(笑)危なげなく勝利。もう何回かやってみたいな。

この後は恒例の打ち上げで、変態さん(注: 極めて重度の購入意欲の高いボードゲーマーを便宜上こう呼ぶ)たちと夕飯を食べる。いやー、もうついていけないっす。俺は皆さんのおこぼれに与ります。皆さんのご購入されたゲームを遊ぶために文字通り身を捧げますw

次回はび~えむのボドゲ会に参加するのでお休み。その次は参加させていただく予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © Ambitious. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。