Ambitious
左利きと色覚障害者のためのボドゲレビュー
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ツォルキン(基本)の駒の配置と回収の考え方
ツォルキン(基本)の戦略は大きく3つあると考えています。
・神学戦略
・農業神殿戦略
・資源建築戦略
詳しくは検索するなどしてそれぞれの戦略について詳しく触れているサイトを探していただきたいのですが、点数が伸びない人(つい最近まで自分もそうでした)は、そもそも上記戦略を実践するための基本となる考え方が理解できていないことが多く、思うように実践できないという状態に陥りがちです。そのため、各戦略を実践する以前のツォルキンの駒の配置と回収の基本形について触れたいと思います。

結論から先に書きます。
(1) 歯車の上位(3~5あたり)に配置、次ラウンド回収
(2) 2~3個配置と2~3個回収をラウンドごとに交互に行う

このいずれかもしくは複合技を覚えると思うように動けるようになります。

(1)についてパレンケを例に解説します。
パレンケの歯車の番号とコーンの回収数を「歯車番号/コーン回収数」と表すと、1/3, 2/4, 3/5, 4/7, 5/9, 6/9, 7/9となります。律儀に歯車0から置いたとすると9回収するのに最低5ラウンド待つ必要があります。ここが初心者が陥りがちな罠なのですが、律儀に待つ必要はありません。他人の駒(3人以下の場合はダミー駒含む)を足がかかりにして、コーン4支払い、歯車4に置いて次ラウンドに回収したとします。すると差引き5コーンを得ることができます。

5ラウンド待って9得るのと、1ラウンドで5得るのはどちらが得かは自明の理だと思います。対価を支払い差額のリターンを得るのです。そのために対価であるコーンが必要になります。そのためコーンはギリギリではなく大目に持っておかなければなりません。


(2)について解説します。
ツォルキンでは駒を2個以上配置する場合、配置数に応じたコーンが必要になります。それぞれの個数の単価と11駒目からの総額を単価/総額として表すと、2個目は1/1、3個目は2/3、4個目は3/6、5個目は4/10、6個目は5/15となります。(1)による歯車上位層によるコーン消費も考慮すると3個目までは割と現実的ですが、それより上の個数を常時配置してゆくのはなかなか厳しくなります。ですので、2~3個配置して、次ラウンドで2~3個回収と交互にやっていくと資金(コーン)繰りとリターンのバランスが良くなっていきます。

(1)と(2)の複合技を農業神殿戦略を例に解説します。
解説例は農業神殿戦略の下地が整いつつある途中の状況を想定しています。前提条件として下記が始まる前に、スタートプレイヤーを取得しており、未配置の駒4つ、農業テクノロジー3、資源テクノロジー1を持っているとします。

1ラウンド目:パレンケの0と1に配置、コーン2消費。
2ラウンド目:ヤシュチランの0、ティカルの0に駒を配置。コーン1消費
3ラウンド目:ヤシュチランの1を回収して木2取得、ティカルの1を回収し、木1消費して農業テクノロジー4を実行、信仰度を1あげる。
4ラウンド目:ヤシュチランの0、ティカルの0に駒を配置。コーン1消費
5ラウンド目:1ラウンド目に配置した駒がパレンケ4と5に来ているので回収、コーン22取得。(パレンケ4でコーン7、パレンケ5で9、テクノロジーボーナス6で合計22)

これ以後はスタートプレイヤーを取られがちですがコーン22あればそれを逆手に(1)を実行し(パレンケ上位でコーン取得、ティカル上位で信仰度アップ、ウズマル上位で好きなアクションを実行など)さらなるリターンを得ることができます。

また、スタートプレイヤー取得直後は歯車下位に置くことを強要されますが、1ラウンドに配置した駒を4ラウンド目以降に回収する(間に別の駒の配置、回収を挟む)上記の例も合わせると考え方の幅は広がります。


ツォルキンの駒の配置と回収には制約があります。具体的には以下です。
・同じラウンドに配置と回収は同時にはできない
・必ず配置か回収のどちらかを毎ラウンド行わなければならない
・それぞれの歯車について0から順に配置しなければならない
・駒を2つ以上配置する場合は配置人数に応じたコーンを支払わなければならない
・駒を歯車0以上に配置する場合は配置する場所に応じたコーンを支払わなければならない
・回収はいくつでも自由に、配置した順番に関係なく行える

これをインスト時に説明されても思考過多に陥り、なかなか思うように点数には結びつかないでしょう。ですがこれをパッケージ化して(1)と(2)にして考え、その組み合わせで考えると思うように動けるようになります。そしてこれを軸に各戦略の詳細を読んでいくと、うまく実践できるようになるでしょう。

いくつかのサイトを拝見させていただきましたが、上記のような基本となる配置と回収の考え方に触れたサイトは少なかったです。上手くいかずにいくつかの試行錯誤を繰り返した結果、上記に至りました。皆さんの参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © Ambitious. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。