Ambitious
左利きと色覚障害者のためのボドゲレビュー
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/05/12(月)   CATEGORY: カ行
グラスロード

プレイ人数: 2~4人
プレイ時間: 75分(但しインスト込みで2時間30程度)
対象年齢: 12歳以上
デザイナー: ウヴェ・ローゼンベルグ

カードは存在しますが内容を確認するために結果的に扇状に持つ必要がなく、利き腕に関係なく遊べます。駒色(というより資源トークン)の色は緑、黄、白、黒、青、茶、赤、オレンジです。色弱者には厳しい色使いですがトークンの上にアイコン表示された付属のシールが貼られているのでとても遊びやすいつくりになっています。
詳しいルールは割愛しますが、カードのバッティングによる行動回数の変化を読み、リソース管理を行い、盤面にある勝利点タイルに変換してゆくゲームです。ルール上、ほどよくバッティングしなければ最多行動にはならず、盤面のタイルと資源を見ながら読み合う熱いゲームです。

特筆すべきはアイコン表記されたシールが資源トークンに貼られているところ。これで色弱者でも色を意識することなく、アイコンと言う「形」でトークンを認識できるので非常に遊びやすくなっています。


資源カウンター。この上に写真のように資源トークンを配置します。
トークンの上にはアイコン表示されたシールが貼られています。

bsZ60s0P.jpg
このようにトークンとカードのアイコンは一致していて非常に分かりやすい



最終局面の個人ボード


既に2回遊びましたが(2014年5月12日現在)、いずれもトークンの色を意識せずに遊ぶことが出来ました。

現時点でタイルが日本語化されていないため、タイルの効果を和訳して説明する分インストに時間がかかりますが、ゲーム自体は割と早く終了します。プレイ時間は1時間強と言ったところです。バッティング系のゲームが苦手な人、資源カウンターの動きが読みづらい人には馴染めないかも知れません。しかし、最大4人プレイ時のバッティング判定によるカオティックな場は一度味わう価値があると思います。

現時点で日本語化されておりませんが、間もなくテンデイズゲームズから日本語ローカライズ版が発売予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © Ambitious. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。