Ambitious
左利きと色覚障害者のためのボドゲレビュー
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/10/25(土)   CATEGORY: ボードゲーム会
第一回テラミスティカ大会レポート(1/2)
浜log外伝として開催されたテラミスティカ大会に参加した。

■レギュレーション
・全三試合。
・第一、第二試合の勝ち点(1位4点、2位3点、3位2点、4位1点)の合計で上位4名で決勝(第三試合)を行う。
・決勝の勝利者が優勝者となる。(タイブレイクの場合のルールは割愛)
・決勝進出者以外は別軸でボーナス試合。1位と10位に主催者から賞品プレゼント。

・基本ルールに追加されたルール(5~6ラウンドのスコップは除外、カルティストの追加ルール)を適用する。
・エッセンミニ拡張街タイル4枚を含める。
・その他、FAQ(http://terra-mystica-faq-nihongo.jimdo.com/)に準拠する。

・その他本大会特別ルール
- すべての卓において第一、第二、第三試合のラウンドタイルの並び、登場するボーナスカードは同一とする(主催者がルール通りの手順で決定し、すべての卓で同一のものを用いる)。
- 第一試合は、ノマド、マーメイド、ウィッチ、ハーフリングから選択しなければならない。
- すべての試合において、恩恵タイルの【開拓地2点】、【交易所3点】を同時に所持してはならない。(どちらか一方のみ所有できる)

以下自分の試合結果。
■第一試合(写真はゲーム終了時)


4番手でハーフリングを選択。127点で1位。
ラウンドタイルの並びは以下。
1R《スコップ2点/土1:金1》
2R《開拓地2点/火4:パワー4》
3R《砦聖域5点/風2:労働者1》
4R《街5点/土4:スコップ1》
5R《交易所3点/水4:スコップ1》
6R《砦聖域5点》

以下プレイヤーごとの選択した種族。
1番手 ノマド
2番手 ウィッチ(あーるさん)
3番手 マーメイド
4番手 ハーフリング(Xeil)

以前に書いた選択基準でいえばウィッチかマーメイド。3番手にマーメイドを選択された時点で終わったかなーと思ったが、辛うじて勝ちを拾った。ノマドとマーメイドがうまく開拓が延びず、且つ自分が開拓できたことによる連結ボーナスの得失点差が大きく影響したと思われる。2位はウィッチ(あーるさん)の126点。6ラウンドの行動でこの結果はなんとなく見えていたのだが、本当にギリギリだった。ノマドとマーメイドに最適な動きをされていれば、連結は持っていかれ、順位は大きく下がっただろう。

■第二試合(写真はゲーム終了時)


1番手、ダークリングを選択。143点で2位。
ラウンドタイルの並びは以下。
1R《交易所3点/水4:スコップ1》
2R《砦聖域5点/火2:労働者1》
3R《スコップ2点/土1:金1》
4R《開拓地2点/火4:パワー4》
5R《交易所3点/風4:スコップ1》
6R《開拓地2点/》

以下プレイヤーごとに選択した種族
1番手 ダークリング(Xeil)
2番手 ハーフリング
3番手 エンジニア(せんせーさん)
4番手 ノマド

6ラウンドに着眼してドワーフもいいが、2番手以降に緑を選択されると読めなくなる。ガチ勝負ということもあり、遠慮なく(とはいえ、少し迷ったが)安定のダークリングを選択。2ラウンドで聖域、3ラウンドで開拓、連結を取って1位というシナリオを狙っていたが…。

東大陸をハーフリングに分断される。北大陸を回って連結しようにもそちらもすでにノマドが展開済みで連結ボーナスは0。沈んだと思ったが、わずかに送り込んだ教団ボーナス点が総合点を底上げしてくれて2位となる。連結が取れずとも143点を叩き出せるダークリングはやはり強かった。

しかし驚くべきはせんせーさんのエンジニア。本人もハイスコアと言っていたが149点。そして橋が1本しかない。せんせーさん曰く、橋はおまけらしく、ラウンドタイルの並びをひたすらに追っていた。1Rラウンドダブル神殿で【開拓地2点】と【いずれかの教団+1】を選択。橋を無視し、教団で戦うエンジニア。新しい。

後で知ったが、せんせーさん、あーるさんたちは身内でクローズ会を続けていて、ダークリングで得点できる人とゲームをしたことがないらしい。なので自分(ダークリング)の展開力にも呼応して得点が上がったんじゃないかと思われる。改めてみると自分のまわりは全部交易所になっている。詳しく見ていなかったが5ラウンドのラウンドボーナスと3つ目に取った恩恵タイル【パス時、交易所の軒数で得点】で伸びたんだろう。これが大会制限がなくて【交易所3点】だったらもっと伸びたんじゃないか?

というわけでこの試合はなかなか学ぶところが多かった。

そして、第一試合の勝ち点4、第二試合の勝ち点3を経て通算3~4位くらいで決勝進出。決勝進出者はなかじさん、閃光さん、せんせーさん、自分。クローズ会出身のせんせーさん以外のメンツは残るだろうと踏んでいた。浜logのいつものメンツであるw

第一回テラミスティカ大会レポート(2/2)へ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © Ambitious. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。