Ambitious
左利きと色覚障害者のためのボドゲレビュー
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
塗装済み既製品のコマで色弱でも判別できる最多の組み合わせ
本記事は主にボードゲームの製作者様向けの記事になります。塗装済みの既製のコマの中で色弱でも分かる最多の色の組み合わせを紹介します。ここでいう色弱とは色弱の型の中でも比較的割合が多いP型、D型になります。T型や1色覚は含みません。なお、コマはいたやま商会様から購入しました。
結論から先に述べると、青、黄、黒、白、赤、桃、無地の7種です。しかし、青と桃、白と無地は写真に映したときや色のシミュレータを通してみたときは同系色に映るようです。

上記は色のシミュレータを通して撮った写真です。Cはいわゆる正常な型(世の中で最も多い型)、P、D、Tはいわゆる色弱でそれぞれ見え方が異なります。このアプリはCの人がP、D、Tがどう見えるのかを知るためのアプリです。ちなみに私はD型です。


逆に写真に撮っても確実に分かるものは青、黄、黒、白、赤の5種です。

上記の組み合わせなら何色採用いただいても大丈夫です。上述の通り最多は7色となります。8色以上使うゲームは、色弱が遊ぶことは困難です。

キューブ、ディスク、ミープルなどを使うゲームを考案中の方は参考にしていただければと思います。

ちなみに買った13色を全部混ぜると以下のような感じになります。D型の私にはさっぱり分からない組み合わせが多数存在します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © Ambitious. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。