Ambitious
左利きと色覚障害者のためのボドゲレビュー
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ボードゲームにおける色弱対応のガイドライン
最近、周りでボードゲームに触れる人が多くなってきたと感じます。必然的に色弱者と遊ぶ機会が増えると思いますので遊ぶ人、作る人、場を提供する人向けにガイドラインを考えてみました。賛否両論あると思いますが私の今までの経験を踏まえ、叩き台として提案します(2015年10月5日現在)。
DATE: 2015/08/14(金)   CATEGORY: ゲームブック
ゲームブックのメカニクス
ボードゲームをデザインする上で、そのゲームを成立させるメカニクスという要素、考え方は欠かせない。そのゲームブック版はどうだろうとふと考えてみた。なお、定義は自分独自のものである。メカニクスという言葉自体もボードゲーム界隈から拝借した。

今を知ればその先もあるんじゃないかと信じて。
ゲームマーケット2015春 自分的まとめ
当日の動きと買ったものをまとめてみる。完全に自分用。
カヴェルナ攻略(序盤)
何度かカヴェルナを遊んで、80点以上取れた(もしくはそれ以上を目指すための)序盤の動き方をまとめてみる。
塗装済み既製品のコマで色弱でも判別できる最多の組み合わせ
本記事は主にボードゲームの製作者様向けの記事になります。塗装済みの既製のコマの中で色弱でも分かる最多の色の組み合わせを紹介します。ここでいう色弱とは色弱の型の中でも比較的割合が多いP型、D型になります。T型や1色覚は含みません。なお、コマはいたやま商会様から購入しました。
Copyright © Ambitious. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。